最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】

hospital

レーザーで完治

ward

発症すると治ることはない

自然に下肢静脈瘤は治るものではありません。そのまま放置しておくとだんだん悪化していく病気です。適切な治療を施すことによって、病気になっている原因を取り除くことができ血管が浮き出てしまうという不快な症状を改善することが可能で、見た目の美しさを保つことができます。昨今は皮膚を切開することなく短時間で治療を行うことができる、レーザーによる治療が好評を博しています。費用の面でも保険の適用が可能なレーザーもできており経済的な負担も少なくなってきています。またレーザーを使用することなく静脈を圧迫して治療を行うストッキングの開発で、下肢静脈瘤の進行を防ぐことも可能になっています。下肢静脈瘤が疑われるときは専門医がいる医療機関で受診をしましょう。

多忙な人でも

今までは下肢静脈瘤の治療は一般的に入院をして手術を行う治療が普通でした。現在では技術が進歩したことにより、内視鏡やカテーテルを用いた治療方法が行われていて切除をすることもなく短時間で、下肢静脈瘤の治療を行うことができるようになりました。レーザーを利用した治療もおこなわれていて、静脈内にカテーテルを通してその中にファイバーをいれてレーザーにより、逆流を起こしてしまっている静脈を焼き切ってしまいます。レーザーを当てることにより血管を閉塞させてしまうことができて、この血管は時間がたつと体内に吸収されてしまうことになります。静脈は閉塞しても他の静脈を利用して血液が流れていくことになるので、血流的な問題は全く出てきません。治療の後は普段の生活をすることができ、忙しい人でも日帰りで治療をすることができるのが最大のメリットです。

Copyright© 2016 最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】All Rights Reserved.