最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】

hospital

足の健康を害する病気

植物

軽度であれば手術なし

健康な足を阻害する病気の一つに下肢静脈瘤があります。足の血管の静脈弁が破れて血液が重力に逆らって心臓に戻る事ができなくなる病気です。これを治療する方法として、4種類存在します。保存的治療、硬化療法、手術、血管内治療の4つです。保存的治療とは、生活習慣の改善やストッキングなどを用いて症状を改善させたり進行を抑止させる方法です。硬化療法は下肢静脈瘤に薬を注射して逆に固めてしまう治療法です。そして手術は、静脈を切除して治療する方法です。最後に血管内治療ですが、高周波やレーザーを用い治療する方法です。悪化している場合には手術や薬を用いますが、軽度の場合には保存的治療がほとんどです。

細菌の治療法は負担小

下肢静脈瘤の根本的な改善を求めるのであれば、硬化療法を使います。しかし硬化療法は軽度の場合にしかできません。外来で10分程度の治療で済むことから簡単なのですが進行している場合には効果を示さない場合もあります。下肢静脈瘤の手術は静脈にメスを入れるものですが、静脈の中に細い針金を入れてワイヤーごと静脈を抜き取る方法が行われます。しかし手術で巣のが患者の体に負担をかけることを避けることはできず、痛みや出血を伴います。一番高度な治療法が血管内治療です。静脈をふさいでしまうことで逆流を防止させます。局所麻酔で行われるため体の負担も手術に比べて軽くなっています。日帰り治療ができる場合もあるほど体への負担は少ない治療法なのです。

Copyright© 2016 最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】All Rights Reserved.