最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】

hospital

女性に多い症状です

看護師

さまざまな治療法が確立

下肢静脈瘤は妊娠や出産などをきっかけに発症する病気であり、女性に多いのが特徴です。またあまり動かずに立ち仕事をしている人などにも表れやすい症状です。同じ条件で働いていても体質などによって違いがあります。近年、こうした下肢静脈瘤に対する治療が確立されてきました。弾性ストッキングをはくなどの簡単な治療法からレーザー治療などの日帰り手術まで多くあります。症状の出方や種類によっても有効な治療法が異なるため、医師に相談することが必要です。このような多くの治療法が確立されたため、現在では下肢静脈瘤を患っても完治する人が増加しています。今後も治療に取り組む人が増加するでしょう。また、あらかじめ下肢静脈瘤にならない対策を行う人もいるでしょう。

治療法によって特徴に違い

下肢静脈瘤はさまざまな治療法があります。その代表としては保存的治療が行われ、手術や薬を使用しないケースがあります。この方法は弾性ストッキングを着用したり、ストレッチをするなどする方法です。根本的な治療ではないですが、症状を和らげたり進行を防ぐ働きがあります。そのほかに硬化療法があります。この方法は注射を用いて行う方法であり、軽い症状の場合に特に有効です。そのほかに、血管を縛る方法や血管を引き抜く方法なども少し前まではよく使われた方法です。これは手術にともなう痛みや出血があるため、リスクがある方法であり、最近では新しい方法が確立されてきたため用いる医師も減少しています。この方法の代わりにレーザー治療やラジオ波治療などが最近ではよく用いられるようになりました。術後の痛みも少なく出血も少ないため、患者側の負担がない方法です。このようにさまざまな方法がありそれぞれの特徴に違いがあるため医師とよく相談して治療法を考えるとよいでしょう。

Copyright© 2016 最新医療の今に迫る【下肢静脈瘤の治療は名医におまかせ】All Rights Reserved.